先輩社員の声

チェッカー主任 三木智子 2007年入社

「お客様に当たり前と思うことをして差し上げるだけ。でも御礼を言われれば、やっぱりとても嬉しいです」

経歴

経営情報学部経営情報学科卒。学生時代からAコープ店舗にてアルバイト経験をもつ。入社後すぐ、北安田店でチェッカー(レジ)・事務担当。翌年からは粟津店で主任として同業務を担当。

チェッカー主任 三木智子 2007年入社

環境がすばらしい。職場も人もお客様も

環境がすばらしい。職場も人もお客様も

 私がジャコム石川に入社したのは、社風や職場環境がとても自分に合っていると思ったからです。実は、大学1年生のときから卒業までAコープ桔梗が丘店でアルバイトをしていました。そのときお店の雰囲気がとても良く、一緒に働いている人たちにもよくしていただきました。お客様でも気軽に声をかけて仲良くしてくださる方もいらして、地域密着のサービス業だという点を実感しました。入社してからはアルバイト時代と違う店舗に配属になりましたが、印象は変わりません。
自分に本当に合う職場でよかったと思います。
 アルバイト時代はレジと品出しが中心でしたが、入社後はレジだけでなく事務も担当するので、最初は戸惑いもありました。とにかく覚えなくてはいけないことが山ほどあるのです。規定の報告書がたくさんありますし、電話をとるのも初めてなら注文するのも初めてで、使い慣れない敬語に苦労しました。とくに、金券の扱いや売り上げ金の計上などお金に関する業務には非常に神経を使いました。また、主任としてパートさんの管理も仕事のうちですので、シフトを組んだり、ときにはパートさん同士のトラブルを解決したりもします。ですから経験上言えるのは、マイナス思考でなく、常にプラス思考で物事に臨み、気持ちの切り替えができる人がこの仕事に向いていると思います。

笑顔と、お客様の気持ちに沿ったコミュニケーション

笑顔と、お客様の気持ちに沿ったコミュニケーション

 チェッカー(レジ)は、1日に大勢のお客様とお会いして、たくさんのコミュニケーションをとる仕事です。その際に一番大切なのは笑顔と、目の前のお客様のお気持ちに沿って物事を考え、感じとる共感力ではないでしょうか。例えばご高齢の方でしたら、商品を積んだカゴはとても重いはず。そこまで思い当たれば、会計後のカゴをサッカー台に持って行って差し上げるのはごく当たり前のことですよね。慣れてくれば頭で考えるより先に自然に体が動くようになります。だから御礼を言われるようなことではないのですが、やっぱり言われると嬉しいです。
 業務の中には当然クレーム対応も含まれますが、対処のコツといえるような小手先のテクニックはありません。こちらが悪いときは誠心誠意、ひたすら謝罪します。本気で申し訳ないという気持ちでお詫びすれば、お許しいただけることがほとんどです。理屈にあわないことをおっしゃるお客様に対しては、言葉を尽くして説明し、ご理解いただくしかありません。最終的には皆様納得してくださいます。顔の見えない電話での謝罪と違って、お店での接客は人と人の直接のふれあいですので、誠意をつくせば表情や態度に出ますからお分かりいただけるのでしょうね。

女性が自然に長く勤められる職場

 女子社員は入社と同時にチェッカー・事務に配属されることが多いです。でも、他部門も経験することができます。私の場合は現在パン担当を兼任していて、発注業務はもちろんのこと業者さんとの値下げ交渉もします。青果や日配を担当する人もいますよ。
 残業はいくらかありますが、極端なハードワークではありません。休日は同期の友人や同じ職場でアルバイトをしている友達と、映画やショッピングを楽しんでリフレッシュします。
 つい最近も産休に入った先輩社員がいましたし、定年まで勤め上げた女性社員もいますので、長く勤められる会社と言えると思います。私には職場環境や人がとても合っていることもあり、ずっとこの仕事を続けていきたいと思っています。

2019年度 新卒採用 応募要項はこちら
↑↑マイナビ2019のエントリー画面を開きます。↑↑

PAGE TOP